CITIZENS' RADIATION DATA MAP OF JAPAN: Grassroots Movement Reveals Soil Contamination in Eastern Japan in the Wake of Fukushima! (DIGEST EDITION)

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は4点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 300円

※2,500円以上のご注文で送料が無料になります。

内容紹介
2018年11月に自費出版で発行したところ、大きな反響を得て、現在までに異例ともいえる1万6,000冊を発行している『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』。3,400地点を超える土壌サンプルを、市民のべ4,000人が3年間かけて同一手法で採取し市民放射能測定室で測定し、そのセシウム濃度を色別に表した地図の英語版ダイジェストです。

東日本17都県の放射性セシウムの土壌への沈着状況や、100年後までの放射性セシウムの残留予測を示す「100年マップ」など従来のマップ集の内容を英語化したほか、海外の方からの質問が多かった「2020年」オリンピック時の地図、そして福島原発事故以前として「2010年」日本の国土にどの程度の放射性セシウムがあったかの47都道府県の参考図を新規に加えています。

日本語版は、第1章土壌、第2章食品、第3章放射能の基礎知識の200ページで構成されていますが、本書では、第1章を中心に、なぜこのようなプロジェクトを市民がわざわざ実施する必要があったのかなどの背景と、日本の土壌の放射能の実態をコンパクトに理解できるよう、16ページにまとめました。

カラー16ページ
出版社: みんなのデータサイト出版
言語: 英語
ISBN-10: 4991042712
ISBN-13: 978-4991042713
発売日: 2019/9/21
商品パッケージの寸法: 21 x 0.2 x 29.7 cm

通報する

ショップの評価